SIXXVISION SIXXVISION SIXXVISION

blog

傘をさしアキバへ

Posted on 2014-04-23

雨降り、低気圧でクラクラ。。

某Pからの、お誘いがありアキバツアー開始。
安定のメイドカフェ、@ほぉ~むカフェへ。

スペシャルカクテルの色が、きゃわたんである。
image (2)

からの新宿のアフィリア・アスタリスクでグダ飲み。

自分のリスペクトする志倉千代丸氏プロデュースのカフェである。
@ほぉ~むカフェではご主人様と呼ばれるが、ここでは先輩と呼ばれる(・ω・´)

image (1) スタッフのトークも軽快でくだけた雰囲気の空間である。

前から気になっていた、うさ耳のようなツインテール
の名称がハーフツインテという事を知り、すっきりした。

フラフラばかりしていてもしょーがないので終電でアジトに帰り。。
カフェでエンドレスで流れていたメイドソング?を研究する。。

20140423_2

スタッフの女の子達が歌っているであろうメイドソング。。
アイドルソングとは、似ているようで、何かが違う。

・トラックのマスタリングのコンパクト感。
シーケンスのピコピコ具合
・何だか不安定なメロディー
・なんかテケテケいうドラム隊。
・3コード、サビはサブドミで切なげな感じ。。
荒削りだが、懐かしくもある、文化祭のような既視感(デ・ジャヴ)

参考:昔の曲だが、自分の言う空気感がお分かり頂けるだろうか?


いつかの放課後の景色に紛れ込んでしまったような感じ。。そこがよい。

楽曲を研究するはずが、いつしか、応援する側から見た
アイドルとメイドの違いについての考察になってしまい、
また眠れない。。

自分的には

アイドルは、一緒に過ごせなかった青春なストーリーを重ねる感じ。
部活とか頑張ってる姿を応援したくなるような気持ち

メイドは、頑張り屋な感じが微笑ましく、保護したい気持ちになる。
飼い猫や妹が家で待っている風景。
そこに、ストーリーはなく、あくまで日常が繰り返される感じ。

地下アイドルは、その中間的な存在のような気がする。帰宅部みたいな感じ。

むろん、これは、あくまで自分の感覚であり、カフェに足げく通っているお客さんや
ライブに通いまくってるお客さんからしたら、全然わかってねーって話かもしれない。

比べること自体ナンセンスなのだろう。

『推す』という心理に関しても、まだまだ実感としてわからないものがある。

引き続き、潜入する必要があるのである。。

image
とりま、猫耳同盟を結成シタ

.


RSS Feed  Posted in blog | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment